ネットビジネスで最速で稼ぐ為のお客さんの「お金の落とさせ方」~納得させる術~

桜井です。

今日もシンプルに必要な事をお伝えします。

 

 

今回は「お金の落とさせ方」です。

 

 

あなたのサイトを読んでくれている読者が

あなたのサイトから商品を買おうと思うまでの

「心理的なプロセス」を読み解き

戦略として把握し、最速であなたのサイトから収益を上げる目的で

今回は記事にしてみました^^

 

 

 

読者の心情理解をする事で

相手の財布を緩めるポイントを刺激して、購入までスムーズに事を運ぶ訳です。

 

 

 

この部分が失敗すれば

購入はおろか、どっかのだれかのサイトから購入されるための

情報提供の役割しか担っていない記事にもなってしまい

 

いつまでたっても成果報酬は生まれません。

 

つまり、ネットビジネスやアフィリエイトで「最速」で

稼げる手法にもなり替わる訳です。

 

 

 

 

ですが、ノウハウとしてもすごくシンプルで

聞けば腹にストンと落ちる感じで納得できると思うので

是非、読み進めてみてください。

 

 

 

以下の記事などで不明点あればいつでも連絡いただいて結構です^^

桜井の連絡先

 

 

たった1人だけ絞る

まず大事な戦略として

「あなたのサイトはどの人間をターゲットしているのか」

 

この部分を決めておく事は超大事な事であり

おそろかにしている人はほぼ間違いなく成功はしません。

 

 

間違いなくです。

 

 

成功しません。

 

 

過去、このサイトでは結構お伝えしている内容ですが

質問者さん含め、色々な方のサポートを行ってきました

 

 

 

そこで多くの方は

このサイトや記事は誰をターゲットにしているのか?

 

 

 

と尋ねるとシンプルに深い部分で明確な返答を私に伝える事ができない人が多いです。

 

 

 

実際にあった例ですが

 

「主婦層です」

「大学生のでインスタ好きの女性です」

「20代から30代の肥満候補生です」

「車を買いたいと思って、やきもきしている人です」

「稼ぎたいけど、稼げないと言っている人です」

「PCの機械に慣れない人です」

 

などです。

 

 

 

ぱっと見るだけだと、そこまで問題ないように思いますが

これは、はっきり言って成功にはかなり遠ざかる内容です。

 

 

 

まず、あなたのサイト全体の事であり、

強いてはあなたの1つの記事にまで言える事ですが

サイト全体でもその中の記事単体でも

「ターゲットは1人に絞り込むべきです」

 

 

 

つまり、ターゲットにしている「層」を

全体ではなく、単体で考える必要があり

 

 

 

ターゲットにしている人を明確に伝える事が

できなければ、ただの情報サイトで終わるって事なんです。

 

 

 

さっきの例を使いますが

「主婦層です」といった回答をした方なんですが

実は家電のアフィリエイトをやっている方なんですね。

 

 

 

私が例としてターゲットにするなら

「40代の主婦で、お金の節約を基盤とした女性であり月の家計で自由に使えるお金は月10万程度

そんな人の為にお金の節約で月1万あたりを節約できる家電を紹介する」

 

 

といった感じで、たった1人の事を言っているかのように

ターゲットをしぼらなければ、上記のターゲットですら

あなたから家電は買ってくれません。

 

 

 

その理由としても

全体的に聞こえのいい事ばかり言っていても誰もなにも心に響かないから」です。

 

 

 

ジャパネットたかた や その他の大型スーパーの実践販売員の方は

どれも、ターゲットを深く絞りこんで商品の説明をしています。

 

 

 

浅い部分でしか絞り込まない戦略で成功できたのは

ひと昔前であり、TwitterなどのSNSで拡散すればお金が転がってきた

12~3年前の話です。

 

 

 

今は情報の質やサイト管理人の雰囲気を見て

購入の判断をする方が多いので

浅く広くの考え方はNGです。

 

 

 

稀に、視野を広くした方が反応する人も多いと思います

といった意見もいただきますが

 

 

1人の人を納得させれなければ

誰も納得はしません

 

 

 

ただ、1人の人が「このサイトいいな」と思ってくれるようになれば

そこからコンスタントにファンの人数が増えていく事象は知っていますが

 

フワッとしたターゲット層しか決めていないサイトで

売り上げが順調に増え続けている人は聞いた事も見た事もありません。

 

 

 

せいぜいアドセンスで稼げるくらいです。

 

 

 

 

そのターゲットが反応するキラーワードは必ず存在する

 

次はキラーワードについてです。

 

 

キラーワードとは、購入を決意させる文句って事なんですが

人が反応するワードはなかなか決める事はできません

ですが、ターゲットを個人の名指しレベルで決めておくと

その人間がどんな思想なのか判断する事は困難ではない訳です。

 

 

 

実際に私が以前やってきた健康生活をイメージしたサイトなんですが

ターゲットは「OL20代で残業はあまりなく、遊び、デート、趣味の時間で健康生活、主にダイエットができず

プロポーションを太った前に戻したい」

 

 

といった感じの人をターゲットにして

 

 

「1000円で買える商品で数日間のお試しキッド」をアフィリエイトして

毎日10個くらい売れ続けていましたw

 

 

一個あたりの成果報酬単価が1500円くらいと、もともとの値段+500円貰えた訳だったんですが

中には3000円のお試しキッドもあり、それも好調で売れていました^^

 

 

 

その時に伝えていた事が

 

 

時間がない、遊びも大切、無駄なダイエットはしなくない

筋トレはしたくない、お金もない

 

 

だけど、これを試すだけでも結果を変える事ができる

 

 

といった感じで明らかに若者ウケをしそうな言葉で誘導し

最後にしっかりとそう商品のデメリットを書きまくり

納得した上で購入をしてもらっていわ訳です。

 

 

以下のワードでどれが、その人のツボになっているか不明ですが

そのレター内容で収益は取れていた訳です。

 

 

「時間がない」
「遊びも大切」
「無駄なダイエットはしなくない」

「筋トレはしたくない」
「お金もない」

「これを試すだけでも結果を変える事ができる」

「商品のデメリット10個くらい」

 

 

では、どうやって

相手を納得させたのか、、、

 

ワードを並べただけでは「納得」してくれる訳ありませんw

 

なので、自分の周りにいるコンプレックスが強めの友人と話し

その人間の考えや特徴をモデルとして考え

その友人がネットを見て、その商品が欲しくなるか、、

って部分を判断基準にしていましたw

 

 

そのくらい、絞りこむ事で

読者からすれば、あなたは唯一無二の存在になるので

信用がうまれ商品の購入に繋がる訳だし

 

次あなたが進める商品も購入されていきます。

 

 

 

このように、ターゲットをその背景が見えてくるまで徹底的に絞り

その人間が反応する記事やセールスができると

収益化は思ったより簡単になっていきます。

 

 

この手法は

ある記事は〇〇ターゲット

この記事は〇〇のターゲット、、など

 

記事やセールスレター事にターゲットを変えてもOKです。

 

もちろん

サイト全体としては絞り込みを掛けずに全体的に抽象的な感じでも

通用する戦略もOKです

 

結構融通がきく戦略でもあるんですね^^

 

 

こういった戦略が少しでも理解できると

こういった自動サイト作成ツールを使って収益の自動化も可能になります

↓    ↓

http://hazime0102.jp/blog-entry-49.html

 

 

既存のコンテンツにも通用するはずなので

すこし意識してみてくださいね^^

 

アフィリは記事を書いてなんぼですが

どれだけ記事を書いても稼げない人は多くいます。

 

その理由はさまざまですが

聞けば一発で要因がわかり、そのまま成功の道に進んでいく人も多いです^^

 

 

サイトを見せてくれれば、個人でアドバイスもするので

いつでも連絡ください。

 

 

では桜井でした!

・アフィリの事ならとりあえずなんでも聞いてください。
・具体的な稼ぎ方を知りたい
・具体的な方法を知りたい。
・稼げないので理由を知りたい。
余計なセールスもなく、あなたに合わせて
しっかり全て教えます。

 

このページの先頭へ