アフィリで月5万以上稼げない理由。見れば成果がでる失敗例から学ぶ成功例

桜井です。

 

今回の記事のテーマ
失敗と成功の差を知り、成功のハードルを意識的に下げる

 

 

この記事を読んでいる方の多くは

「実際、アフィリで成功してる奴いねぇだろ」

なんて思っている人が多いでしょう。

 

 

 

私はそういった考えを常に持っていましたww

 

ネットを見て、その情報を鵜呑みにして

実践してもうまくいった試しって一度もないんですw

 

ただ、自分も色々試してきた中で

成功する事はできたんですが、成功できなかった理由

その多くは「本質」を知らないからだと今は自信をもって言えます。

 

 

本質とか言っても、ピンとこない事も承知です。

 

なので以下にまとめました。

 

 

 

具体的なアフィリ失敗例

 

 

 

まずは「アフィリエイト失敗例」について公開してくのですが

およそ最新の私のサイトの相談者50人を対象にした結果

 

「属性選び」

「ジャンル選定」

「記事の内容」

「商品選定」

「誘導」

 

この5点についての相談が多く、どれか1つでも

失敗&勘違いしてれば成果はでません。

 

まぁ本来なら上記の項目を全て1つづつ詳細をお伝えしていくべきなんですが

今回そんな必要はないんですよ^^

 

その理由は

これらの失敗例には1つ関連しているワードがあります。

 

 

その関連したワードを理解し対策をすれば

芋づる式にすべての問題は一気に解決できます^^

 

 

 

 

失敗芋づる式ワード

 

 

その関連したワードが

読者への執着心の少なさ

 

読者に対しての意識が低すぎるんですよ。

 

 

 

「属性選び」⇒単に自分のサイトに来る読者層をしっかり決めれていない

「ジャンル選定」⇒ジャンル自体が世の中のニーズに無い

「記事の内容」⇒読者の心を掴む事ができていない

「商品選定」⇒読者が欲しいがる商品をピッタリと当てれていない

「誘導」⇒記事やキラーページの誘導をそもそもしていない。

 

 

これらは、すべて

あなたのサイトにくる「読者」にあなたが向き合っていない事が原因なんです。

 

 

稼ぎたいからサイト運営してる事は正しい事ですが

自分が稼ぐ為に、相手に希望を魅せる事がアフィリエイターの立派な使命なんです。

それが出来ていないのに稼げる訳ないんですよね。

 

 

 

いちいち失敗の例を上げれていればキリがないですが

おそらく、今言っている言葉が胸に刺さったかたいると思います。

 

 

 

その方の為に、嫌でも読者への執着心を向上させて

コンテンツ自体が充実するマインドをお伝えしておきます。

 

 

 

 

「一点絞り込み」戦略

 

以下のすべての内容には「執着心」が足りなさすぎる事が問題と言いました。

 

「属性選び」⇒単に自分のサイトに来る読者層をしっかり決めれていない

「ジャンル選定」⇒ジャンル自体が世の中のニーズに無い

「記事の内容」⇒読者の心を掴む事ができていない

「商品選定」⇒読者が欲しいがる商品をピッタリと当てれていない

「誘導」⇒記事やキラーページの誘導が下手すぎる

 

 

まず、これはアフィリエイトをしていく上で必要なマインドなんですが

ネットでもメールでも「現実世界」で話している感覚を持つ事はとても大切です。

 

 

もし、YahooやMSNにある記事のような

型にはまった記事を目指していれば

それは誤りです。

 

 

記事や文章を作っている人間の

背景が見えてこなければ、「信用」は生まれないですからね^^

 

 

まずは、会話近い感覚で相手に伝える事を意識する

これがアフィリエイトではモットーの感覚なんです^^

 

 

そして、その上で大切な事

それは読者の気持ちを「言い当てる」事に意識を置けば

会話のような記事作成から信用は生まれる訳です^^

 

 

つまり読者の気持ちを言い当てるって 行為は

「信用」を生む結果につながる訳です。

 

占い師 マジシャン業績のいい営業マンなどが使っている技術です。

 

 

ですが、見たこともない人間の感情や考えを言い当てるなんて

まぁスピリチュアル的な能力がないと難しいですよねw

 

ですが、それが簡単にできる方法があります。

 

 

それが、「一点絞り込み」なんですね^^

 

読者をかなり限定的に絞る事で

高い確率で言い当てを可能にする戦略です^^

 

 

 

一点絞り込みをマスター

 

例えば、ダイエット系の記事を書いていたとして

どのタイプの人間に向かって記事を書いているか、、

 

 

この感覚はとても大事で、その絞り込みができれいれば

いるほど、対象の人間は「反応」がよくなります。

 

 

つまり100人に向かって1人の人間が「気を付けろ!」といっても

聞く側の立場の過半数は他人事

 

 

 

ですが、1人の人間に向かって「気を付けろ!」と言われれば

「なにを?」など、、多少の反応は確実な訳です。

 

 

 

つまり人の反応をとって自分事にさせるには

その人の何かを言い当てる事で「反応」を取り、「自分事」にさせて

後に「信用」を得ていく訳ですね。

 

 

 

これはある例ですが

あなたが今、ダイエットサイトを運営しているとします。

そのサイトで「記事」を作成します。

 

はどんな人に向けた記事ですか?

 

と聞かれたとします。

 

概ね

「痩せたい女性で社会人 30代」

くらいの 特徴と年齢くらいは決まっている人も多いんですが

 

 

私の場合はここまで決めます。

 

「リバウンドを繰り返している、痩せたいけど痩せない女性で
独身、彼はいない
身内、知人にあえて太っている事を言われないので
逆に気になっている、結婚願望もあり痩せたいがなかなか本気になれない」

 

このレベル。

 

つまりほぼ個人レベルまで掘り下げて絞り込むんです

 

 

こうなれば、ほぼ個人の人間に特定できるし

ここに標準をあてて、記事をかき、その人に勧めれる商品を紹介

商品紹介のキラーページもその人専用書いてあれば

その属性は反応する可能性は非情に高くなるんですね^^

 

 

ですが、ここで1つの疑問

 

「属性の絞り込みすぎは誰の反応も取れなくなる可能性があるのでは?」

といった点です。

 

ですが、これはアフィリ初心者の人間が言っている架空の想像話で

稼げているアフィリエイターはこのくらいまで属性を絞っていないと

稼げない事を知っていますw

 

 

これは100人の人間を対象にするより

1人の人間を対象にした方が

確実に1人の人間を動かせる力がその記事に宿る訳で

 

1人の人間も動かせない記事が

2人、3人、10人、100人と感情を動かせる事はできないし

 

 

このアフィリエイトもといネットの世界は

1人でも悩みを持っている人間がいれば

相当な数の人が同じ悩みを持っていると判断できるんです。

 

これは、私の経験上間違いないですね^^

 

 

このように反応をしっかりとるには

一点絞り込み」を常に考え

 

 

1記事、1記事対象の人間を変えて

記事作成する事で、より多くの属性が集まる訳なんです。

 

これは、アフィリエイトで稼ぐ為に

あたりまえの戦略でもありんですが

 

まぁほとんどの人はできていません。

 

最初は少し躊躇しますが

やってみるとアフィリエイトで「稼げる感覚」が理解できると思います。

 

こういった、稼げない人が稼げるようになった「失敗⇒成功」に変わってきた

サイトをいくつも見てきた実績で今回お伝えしましたが、

アフィリエイトはネットでの仕掛けでもありますが

実際は対人間なんです。

 

 

人間の心を掴む為には

絞り込みは必要です

 

 

是非今後のあなたの実践に生かしてみてくださいね^^

 

 

こういったマインドや考え方、

そして、無料では教えれない「さらなる戦略」で失敗しらずのアフィリエイターになる方法

記事の書き方、構成、売れるセールスレターなどの

桜井の教科書みたいな物もあります

⇓      ⇓

strategyEngrossinglighting~SEL~

スカイプで稼げない→稼げるに変わり

サポート付なので手前みそですがお勧めです。

 

 

 

では桜井でした!

 

・アフィリの事ならとりあえずなんでも聞いてください。
・具体的な稼ぎ方を知りたい
・具体的な方法を知りたい。
・稼げないので理由を知りたい。
余計なセールスもなく、あなたに合わせて
しっかり全て教えます。

このページの先頭へ