未分類

全世代に伝えたい 貧困を抜け出す唯一の方法公開。稼げるよ!

桜井です。

今日はいつもの私の記事スタイルとは違い
以下の記事を見た私の素直な感想と回答を兼ねてた内容です。

手取り15万円を超えられない47歳男性の深い闇

https://toyokeizai.net/articles/-/323291

もし、この記事モデルとなった当人の方もしくはそれに等しい方は
この記事で人生を変えるきっかけにしてほしいですね

最初に断っておくが、上記の参考記事については
ノンフィクションの現状を伝えている「編集されたコンテンツ」なので
この情報で当記事のモデルの人格や人生を断定している訳ではありません。

◆稀に見る「団体挙手マインド」の持ち主

当人(ケンタさん)に対して低能と言っている訳ではありません。
私の記事構成の為、若干ですが反感をもらう言い方をしています。
子供と一緒の思考と【誰もが自分はそうではない】と判断しますよね?
ですが、ケンタさんは記事で読む以上は相当な【団体挙手マインド】です。

あっ。これ私の造語ですので検索しても出てきません。

常に過程を楽しまず、報酬だけを求める人の事です。
例えば、学校で先生の質問に挙手する方はほとんどが正解に自信があるからですよね?
逆に自信がなくて挙手しない人は自信が無くて参加すらしない人ですよね?

最後は挙手して、当てられて「正解」と言われて終了します。

この2つの心理、繋がるあるマインドがあります。
それが【正解を出す事が自分への報酬】と考えているからです。

このまま成長すると
そもそもゴールが常に誰かから与えられたものを求め続けるようになるのです。

解りやすく言えば「金」「称賛」「承認」などですね。
ケンタさんで言えば「仕事」「金」「保証」でしょうか

ケンタさんの全ての元凶は「依存」からくるものであり
それが「当然」と思ってしまっている事が現状を生んでいるのです。

◆人からは「いつか貰えなくなる」

そもそも、団体での挙手になる場合は「学び」をする場所が多いですよね。

なので本来は挙手して正解の報酬ではなく
自分の考えが正しいか確かめる場だけなのです。

確かに、自分が間違える事は恥ずかしい気持ちも理解できますが
本質とはまったくズレている訳です。

問題は、恥ずかしいと思う環境が当然のようになってしまっている事なのですが
それを人の責任にしても仕方ない訳ですからww

つまり
自分が設定している目標が「人から与えられた成果」ではなく
自分で作り出す「自己成長」にしなければ
ずっと一生誰かの雇われ、依存し愚痴を言い合う人間と共鳴する階級のままって事です。

おそらく、ここまで言えばこの記事を読んでいる人にも思い当たる部分はあるのではないでしょうか?

 

◆資産的成果を出すなら「自己成長」を見せる

結局、私はネットビジネス一本で数年やってきたので
自分の土俵に入れてしか伝えれないのですが、結局ネットビジネスは最強の商売です。

今回の記事に合わせて言えば、「自己成長」ですらお金に変えれる部分でしょう。

と言うのも、今の自分をさらけ出す事で報酬を稼げる時代であるからなんですよねw
ただし、自分をコンテンツとしてビジネスをする場合は条件があります。

・細かい目標と細かい記録を公開する
・数字や資産的成果よりも、自分の成長だけを目的にする
(あとで結果はついてくるので問題ない)
・成長市場に自分コンテンツを更新する
・最初はエグいほど稼げない事を理解する
・絶対に嘘はつかない

個人の成長ドキュメントは今後確実にニーズがでてきます。

理由はいくつもあります。

自分成長コンテンツが流行る理由

・人が成長する様を見る人は「自分は上目線で見れる」点と「参考」としてみれる点
これによって、さまざまな層から注目されるコンテンツとなる
・確実にコメントや反応を示してくれる(炎上しても商法となり集客ができる)
・成果を出すたびに良くも悪くも注目があつまる
・動画などでも、自己成長や啓発系が増え始めている
完全成長市場である
・心理学などの研究材料として使われる
・ノンフィクションに価値がある

自己成長とは人が変わっていく様を描いた者ですが
人に見られている事で、脅迫概念を自分に叩き込む事が可能であり
継続出来る環境に置かれます。

では具体的手法についてですが、次の記事で伝えていきます。