アフィリ基礎を学ぶ

コンテンツネタ(記事ネタなど)が浮かびまくる方法とマインド

桜井です。

今日はコンテンツネタが浮かびまくり、コンテンツ作成をしたくてたまらない状態に持っていく方法を紹介します。

こんな人にお勧め

・どれだけ頑張っても毎日更新するほどのネタが無い
・意識してもなかなか継続できるものではない

そんな考えの人は価値観変わるんじゃないですかね^^

 

無知な状態で「コンテンツ毎日更新」無理無理w

日々、情報配信をする人にとって「ネタ」はとても大切な武器です
Youtubeでも毎日情報を配信するクリエイターも存在するしブログでもゴロゴロいます。

中には強靭な精神力を持って、無理やり「継続」を続けてそれが、習慣になった人もいますが、そのほとんどは途中で成果を実感できているから可能な事。

まぁ理解してほしい事は
成果を実感できないと感じると「継続する事は難しい」訳です
こんな事小学生でも理解できる基本の基本です。

その理由を科学的に話すのは長くなるので割愛しますが
簡単に言えば、生きる為に必要な事以外人間の脳は「やらない理由」を作り続けるんです。

では、どのようにすれば無理なく継続してコンテンツを作り続けれるのか?
その秘密はインプットにあります。

自然とコンテンツ作りがしたくなる理由

基本私たちは、どんな事でもインプットとアウトプットを繰り返しています。

簡単に言えばこんな感じ

インプット・・・記憶する(例:漫画、ドラマ、動画を見るなど)
アウトプット・・共有する(例:自分が得たコンテンツの話を知り合いにする)

そして

自然とコンテンツ作成意欲が湧くには2ステップを踏むだけ。
今から何かしらの情報発信に取り組むなら理解して実行すべきです。

2ステップ

1、毎日とにかくインプット!!アウトプットの優先は最も下位

2、最短で報酬を得る為にニーズを掴む

たったこの2つ。

そして「ニーズの掴み方」についてはこちらにまとめてあります。

ブログで商品が売れない!!個人だけで一気に売り上げを伸ばす方法桜井です^^ 初報酬を稼ぐ事にやっきになる気持ちはとても理解できるのですが ブログやアフィリエイトの市場で経験や情報だけを与えて...

 

ネットビジネスなどのコンテンツを作り上げる事で報酬を得るスタイルでは
初心者の方が多く躓く理由は「アウトプット」に重視を置くから。

とにかく、自分が作るコンテンツに関する情報は常に色々な情報を仕入れる。

そして、1日の割合で考えれば90%はインプットでOK

インプットを重視すれば「好き」になる

インプットがどれほど大事か?その答えはここにあるのですが
結局人は「好き」にならなければ、継続は難しくなります。

ネットビジネスは会社や人に縛りがなく自由なので
嫌い・面倒などの感情が強くなれば、どれだけ必要と思っても体が拒否しますよね。

何事も好きになる必要がある。

何かを好きになるには

少しの最初の一歩

その内容を知ろうとする努力

得た知識を人に伝える努力

 

これらを意識的に行動する事でどんどん好きになる。

会社で興味のない仕事でも「無理にでもやり続ける事」で
得意となり、それが好きになっていくのと一緒です。

そして、その経験で培った情報を人に教え
反応をもらえると「役立っている」となり、自分の価値を感じる事ができるのです^^

これこそが、アウトプットの理由であり
実は、コンテンツ作成においてそのほとんどはインプットの要領が占めているのです。

インプットは「時事」「選定ジャンル」を中心に

インプットとはその人によって不要・必要な情報があります。

それを踏まえて言いますがインプットはとにかく「ガムシャラになんでも」くらいの
感じでジャンルや内容に拘らず、目に飛び込んできたニュースをインプットするくらいの
勢いが一番正しいです。

とは言え、必要のない情報も?と疑問を受けそうですが
答えは「ガムシャラになんでも情報を取り入れろ」です。

浅く広くの知識でも構いません。点と点が結びつく時に情報発信する意味では
相当な自信になっていきます。

ですが それが実までは時間がかかります。

そこで、私のサポート生にも教えている効率的なインプット術を紹介します。
「時事」と「選定ジャンル」を中心にして覚えていく方法です。

時事・・トレンドが理解できる
選定ジャンル・・自分が狙っているニーズに向かって情報発信ができる
※選定ジャンルとは「自分が取り扱うコンテンツジャンルです」】

ニーズとトレンドを把握したコンテンツは需要が必ずあるので最も無難です^^

トレンドに関しては、自分が取り扱うジャンルのライバルサイトや動画を
ブックマークなどして常に見る事から始めるといいです^^

そこから、気になった商品やサービスを調べていくだけでも
知識はつきます。

インプットの記憶術は「掘り下げてストーリー化」

アウトプットする為のインプットでは、テスト勉強と一緒で即忘れます。
せっかく時間をかけてインプットするなら、忘れないようにしましょう。

そこで、私が推奨するインプット術があります。
「ストーリー記憶術」です。

例えばこんなニュースがあります。

この場合3つに分けてストーリー化すると記憶しやすいです。

「なぜこの事案が発生したのか」・・本質を調べる
「人々とっての損とは」・・・世論を知る
「取り扱うジャンル界隈の人に伝えるには」・・噛み砕いて自分の言葉にする

この3つのセクションに分けて記憶する事で他人事なニュースでも
身近に記憶する事ができ、人間の最も敏感な心理「損失回避」にも影響するので
インパクトで覚える事ができます。

 

かなり中途半端ですが、長くなってきたので一旦この記事はここまで。
ストーリー記憶術に関しては、次の記事で公開します。

自分の脳をアップデート「記憶したら忘れない」方法桜井です。 今回は少し短いですが、「記憶したら忘れない方法」を紹介していきます。 今回は実践編となりますが、マインド編から理...