これがアフィリエイトで稼げるサイトになるたった1つの条件だ!

この記事は簡単なシリーズ化にして公開しています^^

 

なにやっても月3万以下。その原因は「間違えた〇〇の求め方」

これがアフィリエイトで稼げるサイトになるたった1つの条件だ! ←現在の記事

アフィリで「楽」に稼ぎたいなら知っておくべき「条件」

 

 

 

桜井です。

 

では、今回も実体験を元にお伝えしていきます。

 

 

テーマは1つ記事作成やサイト構成の具体的な方法です。

 

 

ここでは、私の失敗例と成功例を挙げて説明していきます。

 

徹底的にお金になる記事の作り方を学んでください。

 

 

 

 

全てユーザーに合わせる。それが正解。

 

 

記事やサイトコンテンツの構成

でもっとも意識する事は≪相手本意≫です。

 

 

 

以前の記事で説明した通り良質な記事とは

お互いがWINWINでなければいけないと言いました。

 

 

 

サイト管理人⇒信頼を得て、収益に変える

ネットユーザー⇒情報によって欲求を満たす

 

 

 

ブログやサイトを作成している管理人の方であれば

誰しも理解できると思います

 

 

ですが、多くの方は理解していても結果として勘違いをしており

自分の思考や理論から考察する事で記事を作成していきます。

 

 

「自分がいいと思ったから伝える」

「自分が楽しいと思ったからアフィリエイトする」

「自分がいいと思ったから勧めている」

 

 

これでは、自分の思想を伝えて終わりの記事になり

ネットユーザーはほったらかしの状態。

 

 

ネットユーザーは

次にどんな行動をするべきかの選択肢を与えなければ

なにも行動しません。

 

 

ネットユーザーからすれば

 

記事を読む事自体が面倒なんです。

 

ただ読まないと内にある悩みなどが

解決できないから仕方なく読みます。

 

 

そんな人間相手にあなたの思想を論じすぎても

なにも響かないし、情報としての価値も薄いです。

 

 

そういったユーザーがほとんどで

記事を一字一句読むような人はあなたのファン以外ありえないんです。

 

 

ユーザーは

自分が知りたい事だけしれればそれでいいんです。

 

そういったネットユーザーが多い証拠に

私の数あるサイトに来る質問はほとんど

記事を読めば理解できるような事ばかりでした。

 

 

それに、管理人のファンでもないユーザーに色々論じても

おせっかいなだけですよw

 

 

私達は、そういった人間を相手にして

ネットビジネスをするんです。

 

 

だから、記事を読まれる為には

相手本意である事で相手の目線になれる事がすごく大事なんです。

 

ですが サイト運営をする為の目的の1つとして

はネットユーザーを管理人のファンにする事。

 

 

なので

その為にはどうしても自分をネットユーザーに自分の考え方を

見せていく必要があるんです

 

 

そうしなければ、ファンは生まれません。

 

ただ記事書いていればファンが増える訳ありませんからね

 

要するにブログやサイト運営、ビジネス全般でも言える事ですが

自分の意見を述べて自分のファンを作らい事にはWINWINの関係は築いていけないです。

 

 

 

◆記事を書く目的

 

記事には以下の目的があります

 

・SEO サイトコンテンツ表示順位

・アフィリエイトリンク誘導&商品やサービスの購入促進

・ユーザー集め(フォロワー)

 

この中でも ユーザー集めに関して

甘く見ている方は

私の体験としてですが200記事書いても月3万も稼げないです。

 

これには明確な答えが存在します。

 

お金を動かすのはネットユーザーだからです

 

 

いかにGoogleに好まれても

 

お金を使って、あなたの利益に直結する動きができるのは

ネットユーザーだけなんです。

 

 

ネットユーザーの信頼を得なければ

星の数ほどあるサイトの中で

わざわざあなたのサイトでお金を使う意味があるんでしょか?

 

 

つまり・・・・・

サイト立ち上げ時やスタートから3カ月くらい

この図の通り

 

 

 

で、まったく問題はありませんが

 

目指すところは

 

 

 

 

このようにならなければ、いつまで経っても

まとまった収入にはなりません。

 

 

では、具体的にどういった方法であなたのサイトに【価値】付けていくのか

 

その方法についてはコチラでお伝えします。

 

アフィリで「楽」に稼ぎたいなら知っておくべき「条件」

 

このページの先頭へ